最近ではムダ毛を処理するために脱毛サロンに行っているという人が多くなってきているそうです。確かに、わきのムダ毛などがない人はすごく多くで、ああいうのは脱毛サロンであればきれいに脱毛できいいなぁと思うのですが、VIO脱毛ってどうなの?と思いませんか。確かにスタッフは女性だけと言われても、女性にだってVIOのムダ毛を見られるのだって恥ずかしいですよね。

でも、いろいろな効果とかを聞いてみるとVIO脱毛もいいのかなぁと感じる時があります。VIO脱毛をしたいけど、サロンで脱毛をするのは恥ずかしい場合、実は家庭用脱毛器を使って自分で処理をするという方法もあります。家庭用脱毛器はサロンと同じようなレーザー脱毛やフラッシュ脱毛で処理をすることが出来るので、効果としてはほぼ同じような処理をすることが出来るそうです。

誰にもVIO脱毛をしているところを見せることもありませんし、自宅で自分一人で処理をすることが出来るので、恥ずかしい思いをしなくても済んでしまいます。家庭用脱毛器の取扱説明書をしっかりと呼んで処理をおこなえば、安全に脱毛をすることもできますのでおすすめです。

ムダ毛処理後の肌がかゆい!かゆみの伴わない脱毛方法を考える

カミソリでムダ毛処理をするという人の中で、ムダ毛処理をした後に肌がかゆくなってしまったという人は多いと思います。ムダ毛処理で肌がかゆくなるのはカミソリでムダ毛処理をすることで肌の表面まで削ってしまってお肌が荒れてしまうということが一つの理由とあり、さらにムダ毛が少し伸びてくるとこの伸びたムダ毛が肌にあたってかゆくなるケースがあります。この両方のかゆみが起こらないようにする自己処理による脱毛方法としては、毛先が丸まるようなムダ毛処理、もしくは家庭用のレーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器を利用してみるという方法があります。

毛先が丸まるようなムダ毛処理というのは熱線式と呼ばれるタイプのムダ毛処理器を利用します。毛を熱で焼き切るため、毛先が丸まりますのでちくちくするようなかゆみがなくなります。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛はクリニックやサロンなどの脱毛方法を家庭で利用できるようにしたものです。毛の毛根部分にある発毛組織に熱ダメージを与え、そのダメージを受けた毛穴からは毛が再生されにくくなります。今生えている毛は2週間程度で抜けてしまうので、かゆみもありません。どちらも肌には負担がかかりにくいので、肌表面を削るような心配もありません。

ゆかたを綺麗に着こなすために アナタのうなじのムダ毛は大丈夫?

日本の夏のファッションアイテムといえばゆかたがありますよね。夏祭りや花火大会はゆかたがいいという人も多いと思いますが、ゆかたになるとうなじ部分が露出します。このうなじ、女性にとっては色っぽさを出すことが出来る部分なだけに重要ですが、ムダ毛がそこにびっしり生えているとやはり色っぽさも半減ですよね。

うなじの毛というのは自分では普段あまり気にしないと思います。確かに鏡でチェックするような部分でもありませんので処理を使用を思ってもなかなか難しいものがありますよね。うなじ部分のムダ毛はできれば自己処理よりは理容室などでしっかりとシェービングをしてもらうというのが一番キレイにすることが出来る方法だと思いますが、そのたびに費用を支払ってうなじのシェービングをするのは大変です。

脱毛サロンなどに通ってみて、うなじのムダ毛処理をしてしまえば、その後うなじのムダ毛を気にしないでゆかたをきることができるのでおすすめです。うなじ部分は生え際のデザインなども重要になってきますので、うなじ部分の脱毛についての経験が多いサロンで脱毛をすることをお勧めします。